豆乳を利用したダイエット方法について

豆乳ダイエットは、年齢や性別を問わずどんな人でもできるダイエットですが、1日のうちいつ飲むといいでしょう。ダイエットの効果が出やすくなったり、体にいい影響があったりという飲み方は、果たしているものなのでしょうか。豆乳が含有している大豆イソフラボンは、女性ホルモンによく似ていると言われています。女性ホルモンの分泌量を考慮に入れた場合、生理前の1週間~10日くらいは、豆乳を摂取することでのダイエット効率がより高くなる期間となります。毎日、豆乳をしっかり体内に取り入れることが、豆乳ダイエットでは重要であると言われいてます。なぜか、豆乳ダイエットの効率がアップするのは、生理前1週間ぐらいに豆乳を飲むことです。女性は、生理の前の期間は、老廃物や、脂肪が蓄積されがちです。生理前は体の中に留まりやすくなっている老廃物は、生理が終わると速やかに体から出されるようになるので、バランスはとれています。豆乳ダイエットだけでなく、一般的にダイエットをする時は生理が終わってからスタートするといいようです。女性の身体は、生理が終わるとエステロゲンというホルモンが盛んに分泌されるようになって、蓄積されていた脂肪の燃焼が促進されます。生理の前に豆乳を摂取しておくことで、体内に蓄積されていた脂肪分や老廃物の排出が、行われやすくなる効果が得られます。女性ホルモンであるエストロゲンは、生理が終わった時に脂肪や、老廃物の排出を促進します。その時に、今まで溜め込んでいた分も燃焼させて、脂肪を減らすことが可能です。